HOME > レオOG・OB便り > OG・OBおすすめ参考書リスト

OB・OGおすすめ参考書リスト

 

 レオのOB・OG達が実際に使用した中から厳選した、選りすぐりの参考書を紹介します。
 ※バランスの良いセレクションを心掛けましたが、言うまでもなく向き不向きがあります。また参考書は頻繁に改訂されているので、本当に最新のものか、購入前に必ず自分で確認するようにして下さい。


 



参考書活用にあたっての、OBOGからの3つのアドバイス


 

1.圧倒的な量をこなせ!

 生徒を見ていると、「全体的に演習量が足りない」というのがOB共通の感想。スポーツや音楽と同様に、勉強の基礎も反復練習にある。インプットとアウトプットを徹底的に何度も繰り返すべし。同じ参考書は最低2回、理想は4回使うことを心掛けよう。


 

2.自分の頭で理解しろ!

 勉強をしていても、思考が停止してしまっている生徒は多い。「今自分は何のために、何の勉強をしているのか?」ということを意識しなければ、勉強はただの作業と化してしまう。(例えば日本史の用語暗記や数学の解答例暗記も、その背後にある因果関係・論理を理解すれば、効率は何倍も上がる。)
 「理解」には時には多くの時間が割かれるが、一度理解してしまえば頭から離れにくいので、1・2年生のうちから「時間をかけて理解する」ことを意識して勉強すべし。


 

3.時には角度を変えてみろ!

 同じ参考書を使い古したり、もうこれ以上吸収できるものは少ないと感じたら、時には同じレベルの、違う参考書を使ってみるのもお薦め。違う参考書を使うことで新たな角度・切り口から覚え直せるので、特に暗記科目には有効である。(例えば、英単語帳を複数併用する、世界史をタテ・ヨコどちらからも学ぶ等)
 ただしどれも中途半端になってしまっては意味がないので、まずは同じ参考書を反復練習しよう。


参考書選定にあたり、熱い議論を交わすOBOG陣!