HOME > 講師ブログ

講師ブログ

155号 6月は花咲く 高田貴美彦

2017/06/19
篠山市の学習塾 レオ

花壇(かだん)や野山の草木が緑の葉っぱを生き生きと茂らせています。
梅雨(つゆ)入ったとたんにいい天気が続いています。
雨があまり降らない梅雨を空梅雨(からつゆ)と言います。
学校や会社に通う人には、雨の日はそれだけで、憂鬱(ゆううつ)になりますが、農家の人にとっては、雨がないのも心配です。

  6月。日本では雨のイメージの月ですが、海外、特にアメリカやヨーロッパでは1年で一番過ごしやすい気候になります。
“June bride”、「6月の花嫁」という意味で、この季節が結婚式にぴったり合います。
雨も少なく、気候もさわやかで、花が一斉(いっせい)に咲く季節。

  今日は、そんな季節にぴったりの歌を1曲紹介します。
1945年4月、ニューヨークのブロードウェイで初演されたミュージカル
「回転木馬」の中の曲。”June is busting out all over”。
“bust out”は、「急に〜しだす」という意味ですが、他に「一気に花が咲く」と意味でも使われます。
June is busting' out all over!
All over the meadow and the hill!
Buds 're bustin' outa bushes
And the rompin' river pushes
Ev'ry little wheel that wheels
beside a mill.
Because it's June!
June, June, June
Just because it's June, June, June.

6月は一気に花開く
牧場にも 丘の上にも いっぱいに
茂みの中から つぼみが開き
水かさを増した川は 水車を回す
6月だから 6月 6月 6月 だって今は6月だから…

雨が降って、暗くなりがちな時に、この歌を聞いてみて下さい。
きっと、気持ちがウキウキしてきますよ。

追記

それにしても、1945年というのは8月に日本が前の戦争に負けた年です。
日本人が、食うや食わずで戦っている時に、こんなに明るい曲のミュージカルが上演されてたんですからね。
負けるはずですよね・・・。

*前号はこちら==>http://www.sc-leo.co.jp/blog/508.html