HOME > 講師ブログ

講師ブログ

215号 高校進学セミナー・個別指導コース生保護者懇話会より 高田貴美彦

2018/12/17
篠山市の学習塾 レオ

12月8日(土)に中学3年生の保護者様・生徒さん対象の『高校進学セミナー』、
15日(土)に個別指導コース受講生の保護者様対象塾長懇話会を実施しました。

どちらも、お忙しい中たくさんの保護者様、生徒さんにお越し頂きました。
進学セミナーには、現役高校2年コース生が2人、個別指導コース懇話会には、
大学生講師の畑さんがそれぞれパネラーとして参加し、色々な話をしてくれました。

現役の高校生・大学生がそれそれ実体験をもとに話をしますので、具体的ですし説得力があります。
中学生の保護者様に共通の悩みはほぼ一つ。
「家で勉強しない。」ということです。
そこで、畑さんが中学生の時の話をし、僕がそれに多少の補足説明をしました。
以下少し、畑さんの言葉をまとめてみます。

「私は、中学生の時はプリントの整理が苦手で、母が各教科のテストを科目別にファイルしてくれていました。実力テストの勉強では、テストのやり直しが一番有効的です。その時にずいぶんと助かりました。」

整理整頓の大切さを具体的に。

  勉強の苦手な子は、整理が苦手な子が多いです。
これは、大人も一緒。仕事が出来る人は、ファイルの整理も出来ています。

  僕は、これにこの欄にも毎度書いている「手帳によるスケジュールの管理」について、『合格手帳2019』の実物をお見せしながら話しました。
定期テストにしても、英語検定にしても期日を明確にして逆算していけば「いつから勉強に取り掛かればいいのか?」が具体的にわかります。

「段取り力」が一番大切。

具体的には、リビングのカレンダーに家族全員の予定を書き込み共有と確認。
また、手帳に自分の予定。
中学生ならば、部活・テスト・塾の予定を書き込んでいけば、必然的に「OFFの日」が見えてきます。

目前にテストが迫っていれば、勉強の日にすればいいですし、特に予定がなければ友達と約束して遊びにいけばいいわけです。

ONとOFFの使い分けが出来れば、受験勉強も心配いりません。

今回は、整理整頓とスケジュール管理を中心にお話いたしました。
レオのホームページで、当日の様子と感想をお知らせしています。
コースを受講されていない保護者様にもご覧頂きたいと思います。
個別指導コース保護者様懇話会の2回目は、2019年2月10日(日)。
また大学生講師とも相談しながらテーマを決めていきます。

  年内は、高校生対象の学習個別相談会。
2019年以降、小学生コース保護者様対象の塾長懇談会も設けております。
色々とお話させて頂きます。
是非、お出会いしお話出来ることを楽しみにしております。

*前号はこちら==>http://www.sc-leo.co.jp/blog/654.html