HOME > 講師ブログ

講師ブログ

175号 りんご 高田貴美彦

2017/12/11
篠山市の学習塾 レオ

今年の流行語大賞は、「忖度(そんたく)」と「インスタ映(ば)え。」
僕は、絶対に「ち〜が〜う〜だ〜ろ〜」だと思っていましたが、これが違いました。
ま、「ちがうだろ」が違うだろうです。

  果たしてこれが流行語と言えますかね。
政治のややこしい問題も、みんな慣れてきたみたいでちっとやそっとのことでは驚きません。
新聞の号外や、テレビの緊急ニュースも慣れっこです。
北朝鮮からのミサイルなんて、「明日、雪が降るの?」よりも格下(かくした)です。

  本当の流行語って何なんでしょうね。
僕の中では、次の言葉が今でも流行語かな?
「チョー気持ちいい」(2004年北島康介)
「イナバウアー」(2006年 荒川静香)
「ワイルドだろぉ」(2012年 スギちゃん)
「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」(2013年)
この時から、時間が止まってますね。この時までは「言葉」に夢や笑いがありました。
この後の「集団的自衛権」「爆買い」「神ってる」って聞いても興味がありませんし、面白味もありません。自分でも使ったことありませんしね。

  「忖度」
言葉に面白味がありません。忖は、「りっしんべん」に測(はか)るの意味の「寸(すん)。」度も同じ意味です。「人の気持ちをおしはかる。」
  でも、英語では”polish an apple”。「りんごを磨く」です。
そう、日本語の「ごまをする。」
こんな言葉が流行するようではね・・・。
来年は、楽しくて夢がある流行語が出る世の中にしたいですよね。

*前号はこちら==>http://www.sc-leo.co.jp/blog/569.html