HOME > 講師ブログ

講師ブログ

273号 夏へ向かって 高田貴美彦

2020/06/08
丹波篠山市の学習塾 レオ

 小・中学校の一斉登校、高校の分散登校が始まって1週間が経ちました。
丹波篠山市内で、新型コロナウィルス感染症が発症していないので、ま、「大変だ」と思いながらも、実感もなく過ごしている人も多いと思います。

  新学期が始まってから各学校でオンライン(っぽい)授業や課題が出たりと対応がなされましたが、ずいぶんと学校により差があるものになっていました。
いわゆる、都会の進学校のオンライン授業は学校を問わず充実しています。

  僕も、私立学校に勤めている数人の友人に聞きましたが、各教科の担当教員が複数で指導をしています。教員→生徒、生徒→教員の双方向授業です。
課題提出もテストも全てオンライン。
通常の授業そのままのリアルさがあります。ただし、これはほんの一部の学校。
公立高校の大半は、学習アプリを使っての「自学」が中心です。

  レオの生徒さんは、自学に慣れているので大した問題はなかった(よう)ですが、
授業を受けず、自学もせずに遊びに行っている人も学校によっては多かったと聞きます。
一方通行のオンライン授業の問題点ですね。

  レオの大学生講師陣にも聞きましたが、通学に時間がかからないというメリットもありますが、反面、対面型授業の「緊張感」が持続しなかったと言っていました。
やはり、最終的にはここですね。居眠りしていても怒られない(笑)。

  今年の夏の予定がほぼ決まりました。もちろん、今後のコロナ感染症の発症具合で学校の予定が変われば、色々と変更する場合もありますが。
この夏で遅れを取り戻していきたいと考えています。
特に、高校・大学受験のみんなは、頑張っていきましょうね。