HOME > 講師ブログ

講師ブログ

269号 オンライン授業     塾長  高田貴美彦

2020/05/03
丹波篠山市の学習塾 レオ

4月中旬より、対面型授業とオンライン授業を並行して実施しました。
セキュリティーでやや問題ありと言われていますが、zoomアプリを使って、の双方向性の授業です。
授業内容は、オンライン専用のものにしようかとも考えましたが、授業の進度・内容を同時にしておいた方がいいかと思い、対面型授業と同内容を翌日に実施。
チンベルも鳴らし、問題演習の時間も取り、さらに双方向性ですから、指名や発表のしてもらうという内容です。

  ま、難を言えば、画面の仕様で板書が全て映しきれないなどの問題もありますが、チャット機能やデータ共有画面など工夫しました。

  オンライン授業に僕も生徒さんも慣れてきた頃、突然の県寄りの休業要請。
4月29日〜5月6日(レオは当初の学校始業日に合わせ5月10日まで)完全に休業せざるを得ませんでした。

  オンライン授業を含め全て休講として講師も通勤による感染を防ぐため自粛させました。
各学校から課題も出ていますが、問題はそれを「きちんと」しているか、また生活習慣が「すごく」乱れていないか心配な面もありますので、「オンラインホームルーム」を自宅からしました。
大学受験を控えた高校3年生から始め、随時していきます。
中学生コースもしていきたいのですが、先ずは自分でスマートフォンやiPadを使いやすい高校生から始めました。
久しぶりに見る顔もあり、いつもと変わらない様子に安心しました。

離れているけど、つながっている。

オンライン授業で学んだことです。