HOME > 講師ブログ

講師ブログ

265号 谷風 高田貴美彦

2020/03/09
丹波篠山市の学習塾 レオ

コロナ騒動はまだ続いています。  
プロ野球もJリーグも開幕戦が延期となっています。
大相撲も無観客試合。
ま、授業でいうなら、無生徒授業。
やっていても、身が入らないでしょうね。

  レオでは、幸いまだかかった人は出ていませんが、油断は出来ません。
何とか早くに収束してくれることを願うのみです。

  今日の、お題は「谷風」。
1789年(寛政元年)に初めて横綱になった力士です。
11代将軍、徳川家斉がご覧になった取り組みで、将軍家から賜った弓を手に、土俵上で舞ってみせたのが現在の弓取式の始まりとされています。

 相撲に強かっただけでなく、人格・品性もすこぶる立派で今も、力士のお手本となっています。
 1795年(寛政7年)1月9日、江戸全域で猛威を奮ったインフルエンザによって、現役のまま44才で亡くなりました。

 生前に「土俵上でわしを倒すことは出来ない。倒れているところを見たいのなら、わしが風邪にかかった時に来い」と語った時にも、インフルエンザにかかり。その時のインフルエンザを江戸の人々は、「たにかぜ」と呼びました。

 189cm、169kgの大きな体の力士でさえも犠牲になったインフルエンザ。
 早寝早起きで規則正しい性格を守って、しっかりご飯を食べて体調を整えるしか方法はないですね。
 休み中の生徒のみなさんも注意してくださいよ。