HOME > 講師ブログ

講師ブログ

205号 文こそなほめでたきものなれ。 高田貴美彦

2018/10/08
篠山市の学習塾 レオ

10月5日に誕生日を迎えました。
子どもの頃は、誕生日が楽しみでワクワクしていたものですが、今ではすっかり・・・。
生徒さんが「先生、おめでとう」って言ってくれるのが一番楽しみになってきています。

  いつも一緒にいる人からお祝の言葉を頂くのもうれしいですが、それこそ、1年に1回だけメッセージをくれる友達、祖国に戻っている外国人講師からもらうメッセージも、また格別にうれしいものです。

 文こそなほめでたきものなれ。
 はるかなる世界にある人のいみじうおぼつかなくいかならむと思ふに、
 文を見れば、ただ今さしむかひたるやうに覚ゆる、いみじきことなりかし。

『枕草子春曙抄(まくらのそうししゅんじょしょう)200段』

 平安時代の随筆(ずいひつ)、『枕草子』の解説書からの一節です。
中学2年生の教科書に出てくる清少納言(せいしょうなごん)のいかにも知的な女性らしいすぐれた文章です。

  手紙はやっぱりすばらしいわ。
  遠いところにいる人で、どうしているのかしらととっても気がかりになって
 いる人でも、手紙をもらって読んでみると、目の前で話をしているような
 気になってくるの。本当にすばらしいわ。

 今では、手紙ではなくメールやラインになってきてますが、遠く離れたところで画面に向かって文字を打ってくれているところなんか想像しながらメッセージを見ると清少納言ではありませが、「本当にすばらしいわ」って思えてきます。
  
  この年になって、多く書いてもらった「体を大切に」「健康には注意してください」を守ってまた1年頑張っていこうと思っています。

*前号はこちら==>http://www.sc-leo.co.jp/blog/641.html