HOME > 講師ブログ

講師ブログ

不思議発見でみんな数学博士 中村 圭佐 vol.61

2018/09/03
篠山市の学習塾 レオ

 2学期がスタートしました。今年の夏はとても暑かったですね。
今回はレオの夏期講習の一場面。

神戸大学の谷下講師が担当していた 中1数学の授業の中で、谷下講師は
「出題者の意図を考えること」
をレオの後輩へ具体的にアドバイスしていました。

中1数学 文字式の文章問題で、

(1) 単位の変換が正確にできるか
(2) それを文章から読解できるか
を出題者は問いかけています。

中1生にとっては、出題者の考えを想定することは最初難しかったのですが、最終日5日目では、「出題者の意図は何?」の質問にも正確に答えてくれるようになっていました。
自分の体験に基づいての話もあり、後輩のみんなは大変刺激になりました。
夏期講習のエピソードレポートをホームページに掲載しますので、そちらも見てください。
http://www.sc-leo.co.jp/ogob/index.html

2学期 中間テスト、期末テストの定期テストがあります。
中3生は実力テストもですね。
そして、中学生は体育祭・文化祭の行事も多くあります。
テストやテキストをする時、「出題者の意図を考えること」を意識して、問題を解いてみてください。

*前号はこちら==>http://www.sc-leo.co.jp/blog/614.html