HOME > 講師ブログ

講師ブログ

197号 ツバメ2018〜その2 高田貴美彦

2018/07/02
篠山市の学習塾 レオ

月8日頃に生まれましたので、そろそろ巣立ちも近くなってきました。
生まれてから3週間ほどで巣から飛び立ちます。
4羽の兄弟たちが親ツバメの運んできてくれた虫を食べながら飛ぶ練習を始めています。

  28日は、お父さんツバメが巣の前の網に止まって何やらピーピーヒナたちに言ってます。そして、その後バタバタと羽ばたきを始めました。
ヒナの前を何回か飛んでいます。兄弟もピーピー言いながら羽をバタバタ。
飛び方を教えているんでしょう。

  夕方には、たくさんのツバメが飛んできて巣の回りをクルクル回っています。
「巣立ちお助け隊」と言って、仲間のツバメたちが巣立ち近くになったヒナたちを応援します。
回りの音や、飛んでいる虫にも興味をもってヒナはキョロキョロしたり、じっと音を聞いています。

WEEの子どもたちがこっちも、ヒナに負けずに大きな口を開けて一生懸命に歌っているABCの歌が聞こえてきます。
うちのヒナたちは、ずっと英語の歌を聞いて育ってきましたので、インターナショナルなツバメになっているかもしれません。
今週末辺りが巣立ちかな?あと少し見守ってやりましょうね。

+前号はこちら==>http://www.sc-leo.co.jp/blog/621.html