HOME > 講師ブログ

講師ブログ

タナスポ No.24

2018/07/02
篠山市の学習塾 レオ

※今回はスポーツの話ではありません

こんにちは、タナスポです。世界中でサッカーのワールドカップの話題が盛り上がっていますが、今回はスポーツのネタではありません。

先日、味間にある四季の森会館で行われた落語会に行ってきました。
出演されたのは、笑福亭鶴瓶さんのお弟子さんである笑福亭銀瓶さん。
実は過去に銀瓶さんとステージでご一緒したことがあります。彼ともう一人の歌手の方が出演したライブに、前座として2回ほど私が出演しました。そのとき、私のギターと歌の演奏に、銀瓶さんがタンバリンとコーラスで飛び入りで参加してくださったんです。

そんな縁もあって彼の落語会に行ってきたわけなんですが、噺家さんというのは本当にすごい。30分以上あるネタを完全に暗記しています。
さらに暗記するだけでなく、会場がある街のことを話の中に入れてアレンジしたり、お客さんの反応を見て話す内容やスピードを変えたり。そして、彼の話はどんどん頭の中に入ってきて、脳内にはっきりと情景が浮かぶんです。記憶にも色濃く残りました。

今まで生の落語を見たのは大学時代の落語研究会、いわゆる落研(おちけん)の友人のネタだけでしたので、プロの方の落語を生で聞くのは初めてだったわけなんですが、(落研の友人も相当上手でした)その話術にすっかり魅了されてしまった私。またひとつ趣味が増えました。落語会に行くだけでなく、いつかどこかで私が落語を披露する日が来るかもしれません。乞うご期待。

それでは、また次回の更新でお会いいたしましょう。

*前号はこちら==>http://www.sc-leo.co.jp/blog/608.html