HOME > 講師ブログ

講師ブログ

189号 整理整頓 高田貴美彦

2018/04/23
篠山市の学習塾 レオ

神戸大学医学部に入学した地主(じぬし)君が、高校3年間に受けた模擬(もぎ)試験や自身が使った参考書・問題集を持って来てくれました。
「レオの後輩の参考になれば」と毎年、誰かが必ず贈ってくれます。

  1年生の7月から3年生のセンター試験の本試まで全て、受けた順番にそろえてあります。
現役で第一志望大学に合格した生徒がしていたことは、この「整理整頓」。
単に、きれいにそろえただけではありません。
後で、復習しやすいようにそれぞれが工夫をしていました。

  これは、今のうちに意識して身に着けておくと一生の宝になります。
大学生や社会人になってからも、(例外を除き)一流の勉強、仕事をしている人は出来ています。

先ずは、授業プリント。習ったその日のうちにパンチで穴を開けて、すぐファイル。習った日付はその場で書き込む。これだけで、復習の手間はずいぶんと違ってきます。
  ファイルやノートは、タイトルを書き込んでこちらもすぐに取り出せるようにしています。
おそらく、家の勉強机の回りも整然として、勉強に取りかかれていたと思います。
  カバンの中も、時々見せてもらいましたが、やはりファイルやクリアファイルに種類や課目ごとにプリントやノートが入っています。

  さて、逆に成績に伸び悩んでいる生徒さんのカバンの中は、ぐちゃぐちゃ。
ちょっとした「小宇宙」のような状態です。プリントは突っ込んだまま、上から適当に突っ込むので破れたりも。これでは復習する気にもなりません。

  「小さなストレス」。物を探(さが)す時間で勉強時間の大半がつぶれるようでは、時間がもったいないです。毎日10分の探(さが)しものをしたとして、1年間で3650分。
60時間を物を探すという無駄な時間に使っています。

  新学期が始まり、学校・レオでもまだ授業プリント類は少ないはずです。
来週からの連休中に、カバンの中・机の回り・授業ファイル・返却されたテスト類を整理しましょう。
  新鮮な気分のうちにしておくことが大切です。
また、小学生の保護者様はお手数ですがお子さんとご一緒に是非、実践して下さい。
成績アップの第1歩です。

*前号はこちら==>http://www.sc-leo.co.jp/blog/607.html