HOME > 講師ブログ

講師ブログ

168号 余裕(よゆう)〜その3〜 高田貴美彦

2017/10/23
篠山市の学習塾 レオ

余裕の第3回目。
まずは、前回のおさらいから。
勉強の達人の三つの技(わざ)

@ 時間的に余裕を持って勉強している。
A 机の上やファイルが整理できている。
B 勉強の内容はできるだけ授業中に理解するようにしている。

  時間に余裕があると、気持ちに余裕ができます。
気持ちに余裕ができると、物事(ものごと)の全体が見渡せます。
そうすることで、「もっといいものはないか」とか「もっと工夫できるところはないか」とか、色々と考えることができます。
本を見ることもテレビを見ることもできます。
LINEやゲームをしてもいいでしょう。

  逆に余裕がないと・・・。
@ 締め切りギリギリなので、勉強や仕事が雑(ざつ)になります。
A ノートやファイルの整理ができていないので毎回同じこと、同じ作業をしな
くてはなりません。
B 日々、課題に追われているので遊ぶ余裕がありません。
   でも、LINEをしたりゲームをしたりするんですよね。
   これを「現実逃避(げんじつとうひ)といいます。
   後には完成していない課題や宿題があるだけ。

はい、それでは今日からできる「余裕の勉強」
@ 必ず予定やしなければならないことは、メモに書く。
   ポストイットなどの付箋(ふせん)に書いてはっておくと楽チンです。
A 大きいカレンダーに予定を書き込んでおく。
   みんなが見るカレンダーでもいいでしょう。
   例えば、10月27日(金)期末テスト1か月前とかね。
B 学校やレオのカバンの中味の整理
   科目別にファイルを作って順番通りにとじておく。
C ブリント類はクリアファイルに入れて整理。
   くちゃくちゃに突っ込まない。
これだけできたら後は余裕がでてくるでしょう。

それと、小学生・中学生は週末に出る課題は金曜日中にしておくこともいいかな。
土曜日・日曜日が楽しく過ごせます。

慣れるまでは大変かもしれないけれど、「そうしないと気持ちが悪い」ってところまでいけば余裕が出ています。

最初から完璧(かんぺき)をめざさないでできることからやって下さいね。
3カ月後には、やっている人とやっていない人の差が出てきていますよ。
さ、レオっ子みんなが「勉強の達人」になってくれるのが楽しみです。

*前号はこちら==>http://www.sc-leo.co.jp/blog/550.html