HOME > 講師ブログ

講師ブログ

不思議発見でみんな数学博士 中村 圭佐 vol.55

2017/10/16
篠山市の学習塾 レオ

 さて、前回からの続き『 数字の不思議発見 』シリーズ
今回の数字は『 3 』。

1から10までの数字の中で一番よく耳にする数字ですよね。
ことわざや四字熟語にも多く出てきます。

「石の上にも三年」「早起きは三文の徳」「三つ子の魂百まで」
「三日坊主」「三寒四温」「三日天下」

なぜ、そんなに使われているのか、日本では昔『 3 』が一番大きな数字でした。
そのために「偉大なる 神秘的な数」として、古事記や日本書紀の中にも出てきます。

世界でも好まれて使われています。
三大宗教(仏教・イスラム教・キリスト教)
三大珍味(フォアグラ・トリュフ・キャビア)
三大発明(火薬・活版印刷・羅針盤)

算数や数学にも『 3 』は大人気です。
「三角形」「3組の辺がそれぞれ等しい」「三平方の定理」「三角比」「三角関数」

私が『 3 』といって、真っ先に思い浮かぶのは、野球 巨人軍の終身名誉監督長嶋 茂雄さんの背番号 『 3 』です。大きな背番号の数字と華麗なグラブさばきがとてもカッコ良かったです。

みんなは、どんな『 3 』を思い浮かべますか?また是非教えてくださいね。

あと一つ ちょっとした雑学。
東京タワーは昭和33年に333メートルの高さで完成しましたよ。

次回はどんな数字になるか お楽しみに。

*前号はこちら==>http://www.sc-leo.co.jp/blog/528.html