HOME > 講師ブログ

講師ブログ

Ryusuke Tanakaのスポーツブログ 略してタナスポ No.14

2017/07/03
篠山市の学習塾 レオ

2017年5月28日、プロバスケットボールリーグ“Bリーグ”の初年度の全日程が終了しました。
BjリーグとJBLという国内のトップリーグが並列し、その状態が混乱を招くとして日本バスケットボール協会が国際バスケットボール連盟から会員資格を剥奪されたことが発端で発足したBリーグ。
昨年9月22日の代々木第一体育館での開幕戦の、もはやスポーツ興業の域を超えた演出は、バスケットボールファンではない人たちをも巻き込みました。床にLEDライトを仕込むなんて、それまで目にした人がいたでしょうか。あれから8ヶ月、開幕元年となった今シーズンの総入場者数は2,262,409人(そのうち4人は私)、昨シーズンと比較して143%増となりました。初年度ということで注目度が特別高かったことも要因の一つですが、ある程度の成功を収めたと言っていいのではないでしょうか。
 Bリーグを1シーズン見続けてきて感じたのは、結局一部の人にしか注目されていなかったということです。自分がバスケをやっているが故に、私の周りもBリーグに関心を持つ人が多かったのですが、そうでない人にとってみれば「開幕戦は騒がれてたけど、そのあとなんかやってたん?」くらいのもんだったんじゃないでしょうか。

 個人的には、日本のトップレベルのプレーを見る機会が多くなったことで、自分のバスケにもいい影響を与えてくれたように感じます。いいお手本がたくさん目に入れば、それだけ自分もレベルアップできるということでしょうか。バスケで成功を収めてきた人たちの技ですからね。真似をすれば上手くなりますし、ずっと見ているわけですから、自然と自分の動きがプロっぽくなってきたような気がします。

 どんな物事でも勉強でも、「真似をする」事から入るのが大事。いきなり自分のオリジナルのやり方で進めても時間がかかってしまい、効率よく学習を進められません。
「うまくいた人と同じやリ方でやってみる」ことが、勉強の第一歩ではないでしょうか。

*前号はこちら==>http://www.sc-leo.co.jp/blog/503.html