HOME > 講師ブログ

講師ブログ

広瀬 陽一のI am a rocker / Hello Goodbye

2017/06/12
篠山市の学習塾 レオ

君が「イエス」と言えば、僕は「ノー」
君が「ストップ」と言えば、僕は「ゴー」
何てこった!
君は「グッバイ」で僕は「ハロー」さ
どうして君が「グッバイ」と言うのか、僕にはわからないよ
僕は「ハロー」なのに

1967年11月にビートルズが発表した16枚目のオリジナル・シングル曲、『ハローグッバイ』
からの歌詞の抜粋です。

ニューホライズンの教科書でもカーペンターズのシングと共に紹介されており、中1生にとってはすっかりおなじみの曲だと思います。シンプルなメロディーと歌詞、まさに英語入門者にとって うってつけの曲ではないでしょうか。

僕の担当する中1Cクラスでも先日この曲をみんなで歌いました。
田中講師をゲストボーカルに迎え、ギターは僕の演奏です。
リハーサルなしのぶっつけ本番だったのですが、みんな歌い慣れている感じですごく上手。

僕は、かねてよりこの曲は男女間の気持ちのすれちがいを歌った曲だと思っていました。
でも角度を変えてみてみると、僕がビートルズで、君がファン”をさしているという風にも取れます。

初期のアイドル路線からどんどんサイケデリック(前衛的で理解が困難な音楽ジャンル)な
方へと進化するビートルズに当時はついていけないファンも少なからずいたようです。
僕も正直、後期の重いビートルズよりもポップでチャーミングな初期ビートルズが好き。
ハローグッバイは、ポップでありながらも自らのアイドル路線との決別を歌った曲なのかもしれません。もちろん僕の憶測ですが…

さて、今週のコンサート動画は中1B2クラスの歌う『六花』、
中島みゆきさんの名曲に生徒たちがオリジナルの英語詩をつけて歌っています。
ぜひご覧ください。

それではまた、ごきげんよう。

*前号はこちら==>http://www.sc-leo.co.jp/blog/504.html