HOME > 講師ブログ

講師ブログ

141号 春 遠からじ 高田貴美彦

2017/02/06
篠山市の学習塾 レオ

季節はめぐり、2月4日は立春。
まだ、少し寒い日が続いていますが、この日から、暦(こよみ)の上では春。
よく見てみると梅のつぼみが少しふくらんでいたり、夕方の日の入りが少しずつ長くなってきたりと段々と春に近づいていく感じがします。

  2月に入り、本格的に私立大学の入試が始まりました。
15日は、公立高校の推薦(すいせん)入試が実施されます。
そして、25日は国公立大学の二次試験。
センター試験の結果によって、それぞれが出願した大学で独自の試験が行われます。

  高校3年生対象の大学別個別指導授業が先週から始まりました。
中学3年生の国語・社会・理科の入試直前対策、また推薦入試対策小論文講座もちょうどまっ最中(さいちゅう)。
土曜日と日曜日の12時から夜の10時まで開放している「受験生応援団」の自習スペースも段々と人が増えてきました。
中学3年生は先週の日曜日は前日の2倍の人数。

  どの生徒さんもマスクで完全防御(かんぜんぼうぎょ)して、ただひたすら受験勉強に取り組んでいます。
特に、初めて入試を迎える人も多い中学生は、休憩時間にご飯を食べながら少しおしゃべりをしたりして、不安感を解消しています。

  「冬来たりなば、春遠からじ」
“If Winter comes, can Spring be far behind?”
19世紀初めのイギリスの詩人、パーシー・ビッシュ・シェリーの1節が似合う季節となりました。
春を目指してみんなで、頑張っていきましょうね。

*前号はこちら==>http://www.sc-leo.co.jp/blog/472.html